【会場変更】「認知症高齢者による他害リスクの社会化(仮題)」シンポジウムを開催します(3月8日)。

【「9号館5階第1会議室」から 「8号館1階106教室」に会場変更いたしました】

 

早稲田大学比較法研究所と共催で、研究者、自治体職員等を対象としたシンポジウム『認知症高齢者による他害リスクの社会化』(仮題)を開催します。

 

 日   時:2016年3月8日(火)

          13:00~16:15 [終了予定]

 会   場:早稲田大学 8号館 1階 106教室

       ※「9号館5階第1会議室」から会場変更

         いたしました。

 申 込 方 法:添付の書式により事前にお申し込みください。

 定   員:400名(定員に達し次第締切) 

 内   容:【パネル報告】

        ◆民法学からの検討[1]~認知症高齢者の行為と

          第三者後見人の賠償責任の課題

          上山 泰(新潟大学)

        ◆民法学からの検討[2]~認知症高齢者の行為と

          家族の賠償責任の課題

          米村 滋人(東京大学)

        ◆社会保障法学からの検討[1]~総論的考察

          菊池 馨実(早稲田大学)

        ◆社会保障法学からの検討[2]~社会化の可能性と

         課題

          嵩 さやか(東北大学)

        【総合討論】

        ◆認知症高齢者による他害リスクの社会化をめぐる

             課題

          パネリスト全員(司会:上山 泰)

 

20160308シンポジウム『認知症高齢者による他害リスクの社会化』ちらし_会場変更

更新:2016/1/20