出版物のご案内

日本版「ネウボラ」構想 ~妊娠から出産、子育てまでの切れ目ない支援

A4判/364頁 2014年6月発行

1,944円(税込)

※購入申込フォームからお申込み頂けます。

購入申込フォーム

新たな子ども・子育て支援制度の施行(平成27年度)にあたり、市町村では事業計画の策定が義務づけられている。本書では、妊娠から出産、子育てまでの切れ目ない支援の体制を構築するフィンランドの「ネウボラ」に範をとり、日本の自治体による日本版「ネウボラ」モデルの構築を試行。各自治体のモデル構築までの資料を掲載するとともに、自治体間の討議のなかでうまれた基本構想、課題などを一書にまとめた。

目次

はじめに

Ⅰ 日本版「ネウボラ」構想について

1.基本構想と主な論点
 (1) 地域における包括的支援体制の構築
 (2-1) 相談支援サービス(利用者支援事業)
 (2-2) 「包括的・継続的な支援プラン」(妊娠・出産・子育て)作成
 (3) 妊娠期支援サービス
 (4) 産前・産後支援サービス

2.今後の課題と進め方

3.自治体モデル

 1-1 浦安市モデル
 1-2 世田谷区モデル
 1-3 和光市モデル
 1-4 高浜市モデル
 1-5 名張市モデル
4.参考
 1 フィンランドの「ネウボラ」の総合健診アンケート用紙
 2 支援プラン担当者研修プログラム案
 3 フィンランド「ネウボラ」関係資料
 4 妊娠・出産に関する医学的知識
 5 内閣府関係資料
 6 厚生労働省関係資料